風俗を求める男たちの体験談

久々の風俗体験

先日、本当に久々に風俗へ行ってきました。最後に風俗を利用したのは25歳のころで、それでも3回目という一般的な男性にしたらおそらく少ない部類に入る経験回数だろうと思います。その後妻と結婚をして以降は40の歳まで一度も利用してきませんでした。私が風俗に行った理由というのはここ数か月、妻が露骨に夜の相手を嫌がるようになったためです。性欲を発散したいという感情と、妻がそういう態度に出るのならば遠慮はせずともかまわないだろうという考えから友人の誘いにすんなりと応じました。ピンサロへ行ったのですが、私は初めての利用ながらとても気に入ってしまいました。初々しい若妻の設定でお願いしたのは、もしかしたら妻の昔の姿への未練があったのかもしれません。間違いなくそうなのでしょうが、私はそんなことはお構いなしに若妻役の女の子にありたけの性欲をぶちまけました。ここ数年味わったことのない快感で、正直もう妻は必要ないかなと思ってしまったことは絶対に秘密です。

キスの激しいホテヘル風俗の痴女プレイ

どんなプレイにも積極的でいてくれる痴女プレイを、ホテヘル風俗で遊ばせてもらうと、部屋のドアを開けた瞬間から女性とイチャイチャ出来て最高でした。女性と顔を合わせるなり直ぐにキスが出来るというだけで、普段から親しい女性と接している様な気分になれますし、女性の歓迎の姿勢を感じる事が出来ます。こちらがリクエストをしていなくても、女性がキスをしている最中に股間に手を伸ばしてくるといった、卑猥さを感じさせるプレイスタイルもお気に入りです。キスの勢いが増してくる度に、股間に触れる手の動きも激しくなってくるという、興奮と性的快感の大きさが連動する様な責めも、よく考えられているものだと思えました。そのままベッドまで移動する時間が勿体無く感じるぐらい、ドアを開けて直ぐのキスを楽しむ瞬間が素敵に思えるのも、このホテヘル風俗の魅力と言えるでしょう。プレイを終わる際にも再びキスを楽しませてもらう事も多く、痴女プレイならではのキスの激しさは有り難かったです。

筆責めも選べたピンサロ風俗のテクニックの違い

指の動かし方が上手な女性は、アダルトグッズを駆使した細かいテクニックを要求されるプレイも得意としています。だからこそハンドテクニックに優れた女性を見付けたら、筆責めプレイをオプションとして選ばせてもらい、どの様な筆の使い方を披露してくれるのか期待をしているのです。私が利用しているピンサロ風俗では、アダルトグッズも幾つか用意してくれており、その中にくすぐりプレイ用の筆を見付ける事が出来ました。ピンサロ風俗というのは手コキが上手い女性が大勢見付かるものですから、筆を使わせても上手い女性が居るのではないかと期待させてもらえます。そんな期待以上のプレイを楽しめた店舗では、筆先で乳首などをくすぐるだけでなく、筆を優しく押し付ける様な刺激を堪能出来るところが最高です。細かい責めの違いでテクニックを感じられる女性と出会えたら、色んな責めをリクエストしてみる事をオススメします。筆責めで睾丸を撫で回す様なテクニックも、かなり上手な女性を指名出来て大満足でした。

高級デリヘル Wstyle